おでこにきびの基礎知識本文へ

おでこにきび

おでこにきびの基礎知識policy

おでこにきびの原因と発症メカニズム

Tゾーンの画像顔の中でもTゾーンと呼ばれる場所は、特に皮脂分泌量が盛んな部位であり、このTゾーンに含まれるおでこはにきびが出来やすいとされています。
おでこにきびの特徴と原因
もちろん個人差はありますが、基本的に顔にできるにきび≠ヘ、年齢とともに発症する場所が変わってくるようです。

つまり、思春期にできるにきび≠ニ、大人(20代以降〜)になってからできやすいにきび≠ニでは、同じにきび≠ナあっても集中して出来やすい場所が異なるということです。

思春期にきび 主にTゾーン(額から鼻筋にかけた部分)、頬 …など
大人にきび 主に口周り、あご周辺、首筋、こめかみ、額 …など

このように、にきびは年齢とともに、徐々に下へ下へと下がってくる傾向が見られますが、問題のおでこにきび≠ヘ、主に思春期に出来やすいといった特徴をもっています。

思春期にできるにきびは、成長ホルモンによるホルモンバランスの乱れが大きく影響しているため、おでこによくにきび≠ェできる…という人は、成長ホルモンによって活発化した過剰な皮脂分泌が大きな一要因であると考えられます。

近年はプロアクティブ+やオルビスのような、複数のスキンケア製品の相乗効果によるにきびケアが高い評価を受けているようなので、中々おでこにきび≠ェ治らないと悩んでいる方は、一度試してみる価値があるかもしれませんが、日頃のスキンケアと平行して、にきびのもとと考えられる他の原因(食生活や生活環境)を解消するための対策も行わなければ、根本的な解決にはならないということも理解しておくべきです。


おでこにきびの予防&治療法

顔の中で、最も皮脂分泌量が多い場所がTゾーンと呼ばれる部位ですが、思春期に入ると成長ホルモンの影響によって、一時的にTゾーンの皮脂量がさらに活発化します。

そのため、若さゆえに治りも早いのですが、おでこ周辺部の毛穴は詰まりやすく、次から次へとにきび≠ェできやすいため、日頃からスキンケアに気を使っていても、なかなか改善の兆しが見られない…といった悩みを抱える中高生も多いようです。

つまり、思春期に集中しておでこにきびができるような人は、残念ながら日頃のスキンケアや治療薬で簡単に治るというものではないので、気長に付き合っていかなければならないといった現実があるということを理解しておくべきです。
ニキビケアのポイント
しかし、先にも説明したとおり、思春期に発症するおでこにきび≠フ主な原因は、成長ホルモンによる一時的なものなので、年齢とともに皮脂分泌量が徐々に落ち着いてくることによって、次第に減少すると考えられるので、そう悲観することもないでしょう。

かといって、何のケアもせずにきび≠放置しておくことは、患部の悪化やにきび跡≠フもとにもなり兼ねないので、最低限のケア&予防はしておくに越したことはありません。

※おでこにきびが次から次へと発症したり、赤く腫れあがったにきびや膿をもったにきびが頻繁にできるようであれば、自己ケアを行う前に、一度、皮膚科等の専門医に診てもらうことをお勧めします。
おでこのにきびケア&予防策

皮脂・汚れ対策!
Tゾーンは特に皮脂分泌量が多く、毛穴が詰まりやすい場所なので、こまめに洗顔を行い、毛穴が詰まりにくい肌を維持する必要があります。

ただし、洗顔は肌が必要とする皮脂を過剰に取りすぎてしまう恐れもあるので、洗顔剤を使った洗顔は朝・夜(肌質や汚れ度合いによっては昼を含めた3回)の2回に抑え、それでもどうしても皮脂のべたつきが気になるという人は、水洗いで済ませましょう。

※洗顔後は肌に水分を与え、十分な保湿を行ってください。

また、洗髪後にシャンプー液がおでこに残ったままお風呂から上がってしまうと、シャンプー液の刺激等がにきびを発症させる原因にもなるので、すすぎ洗いを入念に行い、おでこを清潔に保ちましょう。
前髪対策!
髪の毛は、日中、自然と汗や埃などの汚れがまとわりつきます。

おでこに前髪が触れると、その刺激や細菌の繁殖によってにきびが出来やすくなるので、前髪を上げ、毛先がおでこに当たらないように工夫するのも対策のひとつ!

ちなみに、おでこにきびを前髪で隠したい気持ちはわからないでもありませんが、予防・改善という意味ではあまり好ましくありません。
紫外線対策!
額は紫外線を直に受けやすい場所でもあります。

紫外線は皮膚の角質層を厚くし肌のターンオーバーを遅らせるとともに皮脂や老廃物が毛穴が詰まりやすくなるので、外出の際には特にUVカット対策を心がけることが大切です。

豆知識:喫煙者はにきびが出来やすい?

タバコに含まれるニコチンやタールは肌に様々な悪影響を与えます。

特にニコチンは皮膚に栄養を供給する毛細血管を収縮させるため、血行が悪くなり皮膚の代謝が落ちることで肌のターンオーバーを遅らせます。

また、美肌作りに欠かせないビタミンCやビタミンEなどの物質が奪われ、皮膚の抵抗力が弱まってしまうため、ニキビだけでなくアトピー性皮膚炎や肌荒れ、シワやシミといった様々な肌トラブルが起こりやすくなるようです。

ちなみに、私はタバコは吸わない!という方も注意しなければならない点があります。

それが受動喫煙≠ニ呼ばれるものです。

受動喫煙とはタバコを吸った人から出た煙を近隣者が吸うことですが、一説には、この煙が皮膚に触れると皮脂腺が刺激され、一時的に皮脂量が増えるとする説もあります。