フォトRFの基礎知識本文へ

フォトRFオーロラ治療

フォトRFの基礎知識policy

フォトRF(オーロラ)の仕組みと効果

フォトRFとは、APL(アドバンスト・パルス・ライト)とRF(高周波エネルギー)を組み合わせた最先端の美肌治療器であり、現在、若い女性を中心に注目を浴びています。

そこで、フォトRFの治療を受ける前に、まずはフォトRFの仕組みや特長について軽くまとめておきます。
APL(アドバンスト・パルス・ライト)とは…
医療用フォトRFオーロラAPLとは、シミやシワ、にきび(跡)や赤ら顔といった、あらゆる肌トラブルの改善に有効とされるIPL(レーザー光よりも優しい光)を、さらに進化させた光エネルギーです。

単一波長のレーザー光とは異なり、患者の症状に合わせて必要な波長を有効に照射することができるため、様々な肌トラブルを同時に治療することができるといった利点があります。
RF(高周波エネルギー)とは…
光エネルギーには、皮膚の毛色に左右されるといった問題点があること、また、APL治療が普及するにつれ、光のみの治療では限界があることが次第に解ってきました。

そこで、光エネルギーとは異なる性質を持ち、メラニンや血管の分布とは無関係に働き、皮膚の毛色にも左右されない高周波エネルギーが、このRF≠ナす。

RFを併用することによって、より効果的に熱エネルギーを皮膚の深部にまで浸透させることができるため、従来、光治療時に稀に起こっていた照射による火傷などのトラブル回避にも役立っているようです。

また、肌にかける負担も、従来の光治療に比べると軽減されるといった利点があります。
フォトRF治療のメリット

あらゆる肌トラブル(シミ/シワ/そばかす/にきび(跡)/赤ら顔/毛穴の開き…など)に働きかけるため、同時に複数の治療・改善効果が期待できる!
レーザー治療などに比べ、ダウンタイムが少ない!
光エネルギー(APL)とRF(高周波エネルギー)の相乗効果により、真皮層にあるコラーゲンを生成する繊維芽細胞を活性化させ、ハリのある肌を作り出す!
従来の光エネルギーに比べ、肌にかける負担が少なく、火傷等のリスクが軽減される!
周波数を変えることで、シミやにきび治療のほか、脱毛などにも一定の効果が期待できる!※従来のレーザー脱毛のようにメラニンに反応させて脱毛効果を得ているわけではないので、毛色(産毛やあまり黒くない毛)や毛質、毛根の深さに左右されない。

フォトRF(オーロラ)治療の副作用

フォトRFは、シワやシミ、にきびや赤ら顔の治療・改善をはじめ、脱毛等にも一定の効果があるとされていることから、美肌作りに有効な治療法として注目を浴びていますが、すべての人に同様の効果がみられるとは限らないということを、まずは理解しておきましょう。

医療用イーマックスフォトRFに限ったことではありませんが、美肌作りの一環として受ける治療においては、個人差や個々の主観によって、治療後の受け止め方(感じ方)は様々です。

そのため、フォトRF治療を受ける際には、必ず医師からリスクを含めた十分な説明を受け、あなた自身が納得をした上で治療に望まなければ、予期せぬトラブル(火傷など)に発展する恐れがあります。

また、患者の皮膚や症状によって治療か可能かどうか、あるいは、効果的な波長はどのくらいか…など、フォトRFを安全、かつ効果的に使用するためには、高度な技術と経験、そして専門知識を兼ね備えた医師の判断が非常に重要になってきます。

高性能、かつ、ハイパワーの医療用機器は、医師免許を持たないエステサロン等では利用できないため、フォトRFによる効果的な治療を望むのであれば、はじめから美容皮膚科等の専門クリニックでの治療を検討すべきです。

最後に、個人差はありますが、フォトRF治療における主なデメリットについてまとめておくので、治療を考えている方は参考にしてみて下さい。
フォトRF治療のデメリット

治療費(顔全体…3〜5万円/1回【コースや照射数等によって料金は異なる】)がかかる!
治療したい患部の症状や個人差によって異なるが、フォトRFでは、一定期間(初期は、通常、2〜3週間に1回のペース)を置き、複数回(効果を実感するためには、通常、5〜8回程度は必要)施すことで徐々に効果が得られるため、治療期間に数週間要し、クリニックへ何度か足を運ばなければならない煩わしさがある!
レーザー治療ほどの痛みはないとされているが、照射中はチクッとした痛みを感じる方も多い!
治療後、熱を持った患部が一時的に赤みを帯びることもある!

豆知識:ダウンタイムってなに?

インターネット上には「○○の美肌治療はダウンタイムが少ない!」といった利点を挙げながら説明している美容関連サイトも少なくありませんが、このダウンタイムとはいったいなんでしょう?

簡単に言ってしまえば施術後に生じる肌の腫れや赤みが治まる(引く)までの時間≠フことです。

レーザー治療や光治療においては、シミやにきび跡を治療する際、患部に直接レーザー(光)を照射しますが、術後も患部は熱を帯びているため、程度の差こそあれ腫れや赤みが残ります。

そこで、このような熱対策として冷却システムにより患部をクールダウンしながら照射を行うのが一般的ですが、それでも術後の肌には、しばらく赤みや腫れが残る人は多いようです。

そのため、頻繁に人と接するような職業に就いており、顔などの目立つ部位に赤みが残るとちょっと困るという方は、十分な説明を受け、治療時期(翌日、休みが取れるなど)を考える必要もあるでしょう。