イオン導入の基礎知識本文へ

イオン導入治療

イオン導入の基礎知識

イオン導入の効果と副作用

美容皮膚科などで行われるイオン導入とは、簡単に言ってしまえば電流を利用したスキンケア療法≠ナす。

イオン導入器を利用することによって、にきび(跡)やシミ、あるいはシワやたるみといった様々な肌トラブルの治療が行えますが、その仕組みについては次のとおりです。
イオン導入療法の仕組み
美肌作りに欠かせない重要な成分としてビタミンC≠竍プラセンタ≠ネどが挙げられますが、これらの物質を単に口から摂取しても、その有効成分が肌に到達するのは極わずかです。
美肌作りに欠かせない成分

ビタミンC ・美白効果が高い

・皮膚の新陳代謝を促進しメラニンの排出を促す(シミやくすみに効果)

・老化の原因である活性酸素の働きを抑制する(老化予防・防止)…など
プラセンタ ・美白効果が高い

・線維芽細胞を活性化させる(シワやたるみに効果)

・新陳代謝を促進させ、皮膚細胞を若返らせる …など

そこで、イオン導入器を利用し、美白効果の高い成分(ビタミンC、プラセンタなど)を効果的に皮膚に浸透させるのです。
医療用イオン導入器
水に溶けるとマイナスの電荷を帯びるビタミンC誘導体≠ニ、イオン導入器によって発生した微弱電流(マイナス)の反発力によって、有効成分を皮膚の深部にまで浸透させることが可能となります。

医療用イオン導入器 これらの作用により、服用や注射では得られないイオン化された水溶液中の成分を、多量に効率よく皮膚の奥深くにまで吸収させることができるため、ハリのあるみずみずしい肌を作り出すことができると考えられているようです。

また、過剰な皮脂を抑制しコントロールすることによって毛穴が清潔に保たれるため、にきびの出来にくい肌へと作り変えることができるとも言われています。


皮膚科で行うイオン導入療法のメリット&デメリット

現在では、市販のイオン導入器も数多く見かけるようになり、『デルファーマVCキュア』のようなイオン導入器も注目されているようですが、そのパワーや性能に関しては、クリニックで用いられるような医療用機器に比べると機能は劣ると理解しておくべきです。



また、エステティックサロンで普及しているイオン導入機器においても同じことが言え、医療機関で使用している機器ほど効果は期待できないと思っておいて下さい。

※理由:医療用機器は医師免許のないエステサロン等では利用できないため、医師のいないエステサロンで医療用機器を利用している場合は違法行為となります。

なお、微弱の電流を肌に直接流すとはいえ、リスク(副作用)が全くないわけではありません。

個人差はありますが、使用方法によっては皮膚に火傷を負ったり、強い刺激を感じるといった肌トラブルに発展する可能性も十分考えられるため、より効果的なイオン導入療法を行うためには、必ず医師の指導の下、治療を受けることが大切です。

ちなみに、角質が除去された後にイオン導入を行うと、より効果的に有効成分が肌に浸透することから、クリニックによってはピーリング後にイオン導入を行ったり、超音波やフォトRFなどの治療を併用することを勧めてくる場合もあるので、皮膚科で治療を受ける場合には、より効果的な治療方法を選択することも可能です。

美容皮膚科で受けるメリット
・医療機関でしか認められていない高性能&高機能イオン導入機器を使った治療が受けられる。

・ピーリングや超音波マッサージなどと併用することで相乗効果が期待できる。

・医師の指導の下治療が行われるため、安全かつトラブルが少ない。

・治療後のアフターケアについても適切なアドバイスが受けられる。
美容皮膚科で受けるデメリット
・費用が掛かる(相場は3,000〜15,000円程度 / 1回【コースによってかなり幅がある】)。

・通常、複数回治療を施すことで効果が得られるため、治療期間に数週間要し、クリニックへ何度か足を運ばなければならない。

・イオン導入を行ったすべての人に、必ずしも同様の効果があるとは限らない。

豆知識:ビタミンCが肌に与える効果

ビタミンCはお肌に良い!ということは皆さんもご存知かと思われますが、では、いったいどんな効果があるの?と問われたら、うまく答えられない方も多いはずです。

そこで、ビタミンCが人体に与える主な作用・効果について、いくつか挙げてみましょう。

作用&効果(1)
コラーゲンの生成を助け、ハリのある肌を作り出す。
作用&効果(2)
強い抗酸化作用があるため、活性酸素(必要以上に増加すると細胞を破壊され、老化が進む)の働きを抑制し体の酸化を防ぐ。
作用&効果(3)
紫外線による皮脂の酸化を抑制するとともに、シミのもとになるメラニンの生成を抑える。
作用&効果(4)
アルコールの分解を促進し、二日酔いになりにくくする。
作用&効果(5)
風邪ウイルスの活動を抑制する(しかし、ビタミンCには風邪予防効果はないとした研究結果もある)。
作用&効果(6)
抗がん剤としても使用されているインターフェロンの体内での生成を促し、ガン細胞の活動を抑制する。
作用&効果(7)
悪玉コレステロールを減少させる。
作用&効果(8)
ストレスを感じると、その状態を改善(対抗)しようと副腎からアドレナリンが活発に分泌されるが、そのアドレナリン生成にビタミンCが必要となる。