ハイドロキノン治療の本文へ

ハイドロキノン治療

ハイドロキノンの基礎知識policy

ハイドロキノンの効果と副作用

ハイドロキノンとは、一言で説明すると、ズバリお肌の美白剤≠ニいうことになりますが、ではいったいなぜ、お肌の美白剤と呼ばれるのか… !?

それは、この成分の作用(働き)にあります。

ハイドロキノンは、シミやシワの原因であるメラニン色素を生成する酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制し、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)の数を減少させる作用を持っています。

そのため、ハイドロキノンを治療したい肌に塗布すると、シミやシワが徐々に薄くなると共に予防する働きがあるのです。

ハイドロキノン以外の物質、つまり具体的には、ビタミンCやプラセンタ・コウジ酸なども、シミやシワ予防、美白対策には有効ですが、ハイドロキノンが他の有効成分と大きく異なる点は次の通りです。

ハイドロキノン 既に生じているシミ(メラニン色素が皮膚に沈着したもの)を取り去る働きがある
ビタミンC …など メラニン色素の生成を抑制するが、既に生じているシミに対しては大きな効果は期待できない

このように、ビタミンC等にはメラニン色素を抑制する働きはあるものの、既に生じているシミに対しては大きな効果は得られないと考えられており、この点がハイドロキノンがお肌の美白剤≠ニ呼ばれる所以です。
ハイドロキノン療法の副作用
ハイドロキノンは美白剤と呼ばれる一方、肌のシミやシワを除去する強力な働きがあることから漂白剤≠ニ例えられることもあります。

白斑の画像そのため、ハイドロキノンを配合した軟膏(クリーム)の使用方法や使用量を誤ると、白斑といって、肌の一部だけが真っ白になってしまう肌トラブルを招く恐れがあります。

ハイドロキノンによって起こりうる主な副作用等は下記表のとおりですが、このようなリスクを伴うことから、より安全・適切なハイドロキノン療法による美白効果やにきび治療を受けるためにも、必ず専門医のいる美容皮膚科等で治療を受けることが望ましいでしょう。

※下記表に挙げたような症状がみられた場合は、使用を中止し、必ず専門医のアドバイスを受けて下さい。
主なリスクや副作用

チェック欄 白斑
チェック欄 かぶれ、赤くなる、ヒリヒリする
チェック欄 アレルギー症状

皮膚科で受けるハイドロキノン治療

美白剤として有効な成分であることから、ハイドロキノン療法は米国などの国外では、シミやシワ、にきび治療としてよく用いられています。

近年、日本国内でもハイドロキノン配合の市販化粧品などが増えていますが、市販製品のハイドロキノンは濃度が低く押えられているため(理由:許可が下りていない)、効果の面から考えると、医師が処方するモノとは全くの別物であると理解しておくべきでしょう。

ちなみに、美容皮膚科などで行うシミやシワ・にきび治療においては、ハイドロキノン単独というよりも、トレチノインとの併用による治療が一般的なようです。
ハイドロキノンとトレチノインの併用理由

ハイドロキノン単独では、なかなか肌に浸透しにくい!
トレチノインはターンオーバーを促進し、表皮内のメラニン色素をより早く排出するため、メラニンを抑制するハイドロキノンを併用することで相乗効果が得られる!

保管上の注意点
なお、ハイドロキノン配合の軟膏やクリームは熱や光に弱く、酵素と結合しやすいので、しっかりと密封し、冷蔵庫などで保管しなければ効果が半減する恐れもあるため、保管の際にはくれぐれもご注意下さい。


トレチノイン&ハイドロキノン治療の手順

患者の体質や症状によって併用治療が可能(医師の診断が必要)かどうかは定かではありませんが、一般的に行われているトレチノイン&ハイドロキノン治療の手順は以下のとおりです。

治療の手順(流れ)
入念に洗顔し、肌の皮脂や汚れをしっかりと落とす
矢印
高濃度のビタミンC誘導体ローションを塗布する
矢印
保湿
矢印
トレチノインを患部に塗布する
(少量を薄く塗り、治療したい患部からはみ出ないようにすることが重要!)
矢印
数分待ち、トレチノインを塗布した箇所が十分乾いたら、ハイドロキノン軟膏をやや広めに塗布する
矢印
治療部位に日焼け止めクリームを塗り紫外線対策をする

治療後、肌が赤みを帯びたり、ヒリヒリすることもあるようですが一時的なもののようです(個人差あり)。

ただし、もし症状が治まらない場合は、必ず医師に相談し、適切な処置を受けるようにして下さい。

また、治療後、外出する際には、UVカット対応のファンデーションを使用するなどして肌をしっかりと保護することが大切です。