新生児にきびの基礎知識本文へ

新生児にきび

新生児にきびの基礎知識policy

新生児にきびとは?

生後間もない新生児の顔(額・頬など)に、プツプツとした赤いできものが発疹することがよくありますが、このような赤ちゃんに現れる湿疹を総称して乳児湿疹≠ニ呼ぶことがあります。
乳児湿疹
その乳児湿疹のひとつに「新生児(赤ちゃん)にきび」【医学用語:新生児坐瘡(ザソウ)】と言われるものがありますが、生まれて間もない赤ちゃんの顔に湿疹が見られることから、アトピー性皮膚炎ではないのか?…と心配されている親御さんも少なくありませんが、新生児にきびとアトピー性皮膚炎は別物であると考えられています。
新生児にきびの原因
生まれたばかりの赤ちゃんは、母親から受け継いだホルモンの影響から、一時的に皮脂分泌が活発になります。

そのため、生後〜2、3ヶ月程の間に赤い(あるいは白)ポツポツとした湿疹状のデキモノが額や頬に出来やすくなります。

特に新生児は頭皮の皮脂量が通常の大人よりも多いと言われ、額や頬のほか、頭にフケのようなかさぶた状のものが出来やすくなる赤ちゃんも多いようです。

※悪化すると黄色いかさぶた状の脂漏性湿疹ができるケースもあります。

コレだけは押える!新生児のにきびケア

先にも述べたとおり、新生児にきびは、母体のホルモンが一時的に影響しているために起こる湿疹の一種であって、特にこれといった画期的な予防法はありませんが、特別な治療を行わずとも自然に治っていくものです。

しかし、自然に治るとは言っても、赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので最低限のケアは必要です。
にきびケアに必要なこと
新生児のにきびケアで大切なことは、まず何よりも常に肌を清潔に保ち続ける!ということです。

そこで、新生児用のベビーシャンプーや石鹸で優しく丁寧に皮脂を洗い流すことを心がけてください。

また、頭皮のかさぶたが目に付くようであれば、無理に剥がそうとするのではなく、オリーブ油や白色ワセリン等でふやかし、柔らかくしてから優しく洗い流すようにすれば徐々に落ちます。

このように、新生児(赤ちゃん)のにきびは石鹸等のケアをしっかりと行うことで、通常は数ヶ月(長くても6ヶ月程度)もすれば改善が見られるはずです。

そのため、肌を清潔に保ち続けているのに湿疹が一向に良くならない・・・あるいは、どちらかというと悪化傾向にある・・・といった症状が見られる場合には、他の乳児湿疹を併発していたり、アトピー性皮膚炎などの他の疾患にかかっていることも考えられるので、一度、専門の皮膚科医に観てもらうようにしましょう。

豆知識:新生児にきびとアトピー性皮膚炎の違い

新生児にきびは母親から受け継いだホルモンの影響から、一時的に皮脂の分泌が活発になって発症する湿疹の一種です。

アトピー性皮膚炎の画像新生児は皮脂が毛穴に詰まりやすく、生後3ヶ月頃までの間に、頭皮や額、頬を中心にできやすく、特に痒みは伴わないといった特徴がみられます。

一方、赤ちゃんに発症するアトピー性皮膚炎は、強い痒みを伴うアレルギー症状のひとつであり、個人差もありますが、一般的には生後2〜3ヵ月後に現れるといった特徴があります。

そのため、生後まもなくして赤ちゃんの肌に現れた湿疹に関してはアトピー性皮膚炎≠ナないケースが強いと考えられますが、実はしばらくしてから新生児にきびと併発するケースもあるようです。

素人目では単なる乳児湿疹なのか、アトピー性皮膚炎なのかの判断が難しいこともあるので、赤ちゃんに湿疹が現れた場合には、一度、皮膚科専門医に診てもらうことをオススメします。