アダルトにきびの基礎知識本文へ

アダルトにきび

アダルトにきびの基礎知識policy

アダルトにきびの原因

にきびは、ちょうど子供から大人へと変革しはじめる思春期(13〜18歳頃)に発症しやすいイメージがありますが、近年は20代以降になってからにきびが目立ちはじめる人も増えているようで、このような思春期を過ぎてから発症するにきびのことをアダルトにきび(あるいは、大人にきび)と呼び、思春期にきびと区別することがあります。

最近は、アダルトにきびを対象とした商品も増えているようで、プロアクティブ+やオルビスのようなトータルケアによるにきび予防が注目を浴びているようですが、にきびの出来やすい人は、スキンケアと平行して、日頃から気をつけておくべきことがいくつもあります。

そこで、コレだけは押えておいて欲しいアダルトにきび対策の基礎知識をザッとまとめておきましょう。
思春期にきびとアダルトにきびの違い
主に思春期にできるにきび≠ヘ、基本的に身体的成長に伴うホルモンバランスの乱れが大きく影響していると考えられ、時期が来れば次第に出来にくくなる一過性のものであり、若さゆえに新陳代謝も活発に働くことから治りが早いという特徴をもっていますが、アダルトにきびは、そう単純なものではないようです。
アダルトにきびの原因
もちろん、アダルトにきびも、ホルモンバランスの乱れが大きく影響していると考えられますが、身体的成長過程に伴う乱れからくるものというよりも、職場の対人関係からくるストレスや、激務に追われ生活環境が狂いだし、偏食や睡眠不足といった社会人特有の悩みが深く関係していると指摘する専門家も少なくありません。

そのため、思春期という限定された時期にできる一過性のにきびとは異なり、20代後半、あるいは30代に突入しても、がなかなにきびか治らない…といった症状に悩まされるようです。

また、歳を取ると新陳代謝も徐々に低下してくるため、どうしても治りが遅くなってしまい、場合によってはシミやにきび跡となって、生涯、肌に残ってしまうリスクが高まるというのもアダルトにきびの特徴のひとつといえるでしょう。
にきびができやすい部位

思春期にきび 主にTゾーン(額から鼻筋にかけた部分)や頬 …など
アダルトにきび 額、こめかみ、口周り、あご周辺部、背中、胸 …など

アダルトにきびの改善&予防法

アダルトにきびは、思春期特有の限定された時期に発症する肌トラブルとは異なるため、単にこまめに洗顔しただけでは改善が見られないことも多々見られます。

特に職場がらみのストレスや生活環境の変化を原因とするにきび≠ノついては、目に見えるような効果が現れるまでに時間がかかるので、根気のいる長期的なケア(治療)が必要です。

アダルトにきびを悪化させない、あるいは出来にくい肌を作り上げるには、日頃から規則正しい生活を送るよう心がけることが不可欠ですが、現実問題として規則正しい生活を送っている社会人の方は、そう多くはないと思われます。

しかし、だからといってそのまま放置しておくのは好ましくないため、最低限のケアは行い、にきび予防・改善に努めることは、跡を残さないためにも大切なことです。

また、個人的なケアでは症状の悪化を防げない、あるいはにきび肌をどうにかして治したい!と思い悩んでいる方は、一度、皮膚科医や美容外科等の専門クリニックに相談してみるのもよいかもしれません。

というのも、場合によってはにきび≠ナはない別の肌トラブルによって炎症を引き起こしていることも考えられるからです。

ストレス対策
肌に深く関係あるのが男性ホルモン≠ニ女性ホルモン≠ナす。家事や育児、職場上からくる様々なストレスは自律神経を不安定にさせ、ホルモンバランスを徐々に崩していきます。過度のストレスは男女問わず男性ホルモンを活発化させるため、結果、皮脂の分泌量が増えることで毛穴が詰まり、アダルトにきびが出来やすくなるようです。

また、ストレスは健康な肌を維持するために欠かせないビタミン郡を抑制するホルモンを分泌するとも言われています。

そこで、ストレスを完全解消することは非常に難しいことですが、身体を動かすことはストレスの発散・解消に一定の効果があるので、できるだけ楽しみながら身体を動かせるような運動(ボーリングやサイクリングなど)を取り入れるとよいでしょう。

また、アロマテラピーなどで内面的(精神的)なリラックスをするのもストレス対策には一定の効果があると言われています。
食生活対策
インスタント食品やスナック菓子の摂取、あるいはコンビニ弁当中心の食生活は栄養バランスが偏るため肌に良くありません。

また、糖分の過剰摂取はビタミンB群の消費を増加させ、甘いものや脂っこい物を頻繁に摂取していると、血中の中性脂肪が増え、皮脂分泌量が多くなると言われています。

社会人の方は夜中に遅い夕飯を取ることもあるかと思いますが、深夜の食事は胃腸や肝臓にも負担をかけるので、結果としてにアダルトきびの原因となることがあります。

そのため、夜中の食事はなるべく避けるべきですが、仕事の都合上、どうしても遅くなってしまうような場合には、できるだけ消化吸収の速いタンパク質や炭水化物系の食材を取るようにしましょう。
運動不足対策
運動不足はホルモンバランスを崩すだけでなく、身体全体のリズムを崩すため、抵抗力の低下につながります。そのため、日頃から適度な運動が必要です。
メイク対策
化粧品には油分が多く含まれている製品も多いので、にきびの原因となっているコメドを形成する作用があると言われています。

そこで、アダルトにきびの出来やすい方は、なるべく油分の少ないメイク用品に変えたり、薄めのファンデーションで、できるだけ肌に負担をかけないような工夫をすることが大切です。

豆知識:男性ホルモンがにきびを招く !?

男性ホルモン中にあるテストステロン≠フ機能亢進が、にきび発症に大きく影響しているのではないかと考えられています。

そのため、思春期になると男性のにきび顔が増えるのは、このテストステロンが皮脂腺を刺激し皮脂分泌を活発にすることによって起こる肌トラブルだというわけです。

女性のにきび≠焉Aこの男性ホルモンが深くかかわっているとされ、過度のストレスが血中の男性ホルモンを増加させる一要因であると考えられています。

また、月経前になると、にきびが出来やすくなる女性も少なくありませんが、これは月経が近づくにつれて女性ホルモンのバランスが変化し、男性ホルモンに影響を与えているからだとも考えられており、男女問わず、男性ホルモンはにきび発生と非常に深い関係がありそうです。