背中にきびの基礎知識本文へ

背中のにきび

背中にきびの基礎知識policy

背中にきびの原因を知ろう!

にきびができる原因は諸説あり、その原因を特定することは非常に難しいものがありますが、背中にきびも主に皮脂が影響しているとする説が有力です。

つまり、顔のTゾーン(鼻と額の周辺部)と同様、背中にも皮脂腺が多いため、個人差はありますが、思春期になると皮脂の分泌量が増えます。
背中イメージ画像
しかも、夏場など、背中に汗をかいたままの状態で放っておくと、そこに菌が繁殖しやすくなるためにきび≠ニなって症状が現れてしまうケースも少なくないようです。

また、背中は清潔に保ちにくい場所でもあります。

入浴中、手が届かないことを理由に、しっかりと洗わなかったり、シャンプーやリンスの洗い残しがあると、その汚れが肌に残留し毛穴が詰まってしまうためにきび≠ニなって現れてしまうわけです。

基本的に背中にきびの対策や予防法も、他の部位にできるにきびと何ら変わりないので、常に肌を清潔に保つことが大切です。

※ただし、大人にきびの場合は、顔と同じようなケアをしただけでは快方しない場合もあるので、一度、皮膚科で診てもらうなど適切なアドバイスを受けた方がよいでしょう。

最近は『シアクル』シリーズのような背中にきび対策に特化した商品を愛用する人もいるようなので、背中にきびで悩んでいるような方は、一度試してみる価値があるかもしれません。


自分でできる!背中にきびケア

背中には皮脂腺が多く、かつ色素沈着を起こしやすい部位であると言われています。

そのため、個人差はありますが、市販のにきび薬(軟膏)などを、常時、塗りたくっていると、跡に残ったりシミになってしまう恐れもあるようです。

そのため、できることなら背中にきびは、まず皮膚科で一度診断してもらった方が良いのですが、何のケアもせず放置しておくのもあまり好ましくないので、まずは自分でできることから始めてみましょう。
背中にきびの予防・対処法
背中にきびに限らず、にきび対策の基本は、何よりもまず肌を清潔に保つ!ということが大切です。

特に背中は皮脂分泌量が多く、汗もかきやすい部位なので、入浴の際にはしっかりと洗浄し、特に髪の長い方はシャンプーやリンスの洗い残しがないよう注意してください。
入浴中の注意点
また、洗う順序にも気を使い、シャンプー → リンス → 体の洗浄といった流れで背中に汚れが残らないような工夫も大切です。

※背中にきび専用のボディシャンプーなどでケアする方法もありますが、症状によっては使用しない方が良い場合もあるので、一概には言えません。(過剰な洗浄は禁物!)

敏感肌の方は、衣類にも気を配って下さい。

化学繊維製品や締め付けの強い下着などは避け、通気性の良い綿素材のものを身につけるなど、汗や汚れを極力回避するような衣服を身につけると肌にかける負担が減ります。

なお、最近は大人になってから背中ににきびが出来はじめた…といった、いわゆる大人にきびに悩まされる人も増えていると言われています。

この場合の大人にきびは、思春期の症状とは異なり、ホルモンバランスの崩れや食生活の乱れ、あるいは仕事絡みのストレスなど様々な要因が複雑に絡み合って発症しているケースが極めて高いため、単純に肌を清潔に保つだけでは改善しないことも多いようです。

そこで、背中にきびが治りにくいと感じている方は、独自のクリアスキンセットを併用しながら、その相乗効果でニキビの出来にくいを肌を徐々に作り上げていく、顔だけでなく胸や背中にも使える『プロアクティブ+』などのにきび予防製品を検討してみるのも一法かもしれません。

『プロアクティブ+』は攻めのニキビケア≠ニ例えられることもあるように、肌を守ることを目的とした他のスキンケア商品とは異なり、独自路線のニキビケアを試みています。


ニキビケア豆知識:『十味敗毒湯』とは?

ニキビ予防の基本は、洗顔や外用薬によるケアですが、身体バランスの乱れが大きく影響していることも少なくありません。

そのため、大人ニキビは内面的な乱れを改善することも重要だとして、近年は漢方薬を使ったにきびキビケアも注目されています。

漢方薬には即効性はありませんが、抗生物質などに比べて副作用が少なく服用者にとってもリスクが少ないことから、ホルモンバランスを整えたり、免疫力を高めることで、にきびの改善を試みる漢方薬ケアを行ってみるのも一法かもしれません。

背中のにきびには『十味敗毒湯』という漢方薬などが適していると言われていますが、にきびに使われる漢方薬は複数あるので、心配な方は漢方を専門的に扱う医療機関や薬剤師などに相談してみましょう。