黒にきびの基礎知識本文へ

黒にきび

黒にきびの基礎知識policy

黒にきびとは?

ひとくちににきび≠ニいっても様々なタイプがありますが、症状の進行度(悪化)を色別で解りやすく説明すると、ちょうど下記表のような感じになりそうです。
黒にきび画像
つまり、黒にきびは、どちらかというと、比較的、初期段階のにきびと言えるかもしれません。

症状レベル 白にきび
(にきびの初期段階)
黒にきび
(毛穴の先端が開き、空気に触れて酸化した皮脂などが黒ずんだもの)
赤にきび
(皮脂の詰まった皮膚腺や毛包が炎症を起こし腫れあがったもの)
黄にきび
(赤にきびがさらに悪化して化膿したもの。別名:膿にきび)

本来、正常な肌であれば、皮脂腺から分泌される皮脂は毛穴からスムーズに排出されますが、角質層の代謝の働きが狂い、毛穴の入口周辺部の角質が異常に厚くなってしまうと、毛穴が塞がり、皮脂は出口を失ってしまうため毛穴に皮脂が詰まってきます。
皮脂腺
毛穴に詰まった皮脂が大きく関係している(かつ、まだ炎症を起こしていない)という点では、白にきびと同じ状態のものですが、黒にきびが白にきびと大きく異なるのは、毛穴の内部で滞留している皮脂の増加により、表皮が押し上げられ毛穴が開いてしまう点です。

その結果、毛穴に詰まっていた古い角質や皮脂などが空気に触れることで酸化してしまうため、黒ずんで見えてしまいます。

これが黒にきび≠ニ呼ばれる所以です。
黒にきびの特徴この黒にきびは主に鼻にできやすいようですが、これは鼻がちょうど皮脂の分泌が非常に活発なTゾーンにあたり、毛穴に古い角質や皮脂が溜まりやすい部位だからだと考えられます。

ただし、この段階では、まだ毛穴の中で炎症が起こっているわけではないことから、できるだけ早期にケアを行うことでにきび痕≠フリスクを少なくすることができます。


黒にきびが出来てしまったら…

黒にきびは、まだ炎症が起きていない比較的初期の段階ではありますが、改善するまでには時間を要します。

そのため、指で押し出したり、強力なパックで無理やり剥ぎ取ろうとしてはいけません。

これらの行為は肌を痛めたり、シミの原因になる恐れがあるほか、開いたままの毛穴に汚れが詰まりやすくなってしまうため、かえって症状を悪化させてしまうこともあるので、できるだけ避けるべきです。

皮膚科の治療に頼らない自分でできる黒にきび≠フ正しいケア方法としては、まめに洗顔(肌が弱い方は、純石鹸主成分の洗顔料がよい)をして、毛穴に詰まった皮脂汚れなどを溶かして取り除くことです。

※ただし、洗顔剤を使った過剰な洗顔はかえって逆効果!洗い過ぎは肌本来が備えている油分を取りすぎてしまうため、取り去られた油分を補おうと、さらに皮脂が活発に分泌されにきび≠フ素になってしまう恐れがあります。

確かに洗顔自体に即効性はありませんが、黒にきびの場合は、皮脂を詰まりにくくするケアが大切なのであって、後々のことを考えると、個人で出来るケアとしては、洗顔は肌に負担をかけない最も有効な対処法といえるでしょう。

なお、洗顔後は、ローションでしっかりと水分を補い、エッセンス(油っぽい方はノンオイルなど)で保湿して肌を守ることも欠かさずに行ってください。


豆知識:漢方薬でにきびが治る!?

社会人として働き出すようになってから、にきびが増えたという人は、ストレスや偏食、睡眠不足などによる身体バランスの乱れが大きく影響していると主張する専門家も少なくありません。

特に大人にきびは、洗顔や塗り薬タイプの外用薬でにきびケアをすると同時に、内面的な治療を行い、体内バランスを整えたり、免疫力を高めることで、にきびの出来にくい肌を徐々に作り上げることが大切だとも言われています。

そのような背景から、近年注目されているのが漢方薬≠使ったにきびケアです。

漢方薬に即効性はありませんが、にきびに効くとされる漢方薬は複数あり、市販の漢方にきび薬としては『小太郎』などが有名なようです。

漢方薬の原料は、自然の生薬が使われているため、西洋薬(抗生物質など)に比べると体にやさしく副作用が少ない(全くないわけではない!)ため、服用者にとってもリスクが少ないことから、大人にきびが頻繁にできて困っている・・・という方は、体の中からにきび予防を試みてみるのも良いかもしれません。