にきび!解体新書
大人ニキビと化粧品・ファンデーション編
Top基礎知識症状(部位別)TopTop
皮脂や汚れの蓄積によって引き起こる毛穴のつまりは、大人ニキビを悪化させる大きな原因のひとつです。



ファンデーションや乳液等の化粧品は女性のメイクアップに欠かせない必須アイテムですが、誤った使い方や、自分の肌質に合わない化粧品の使用は、知らず知らずのうちに毛穴を詰まらせ症状を悪化させていることも少なくありません。

そこで、大人ニキビに悩まされ続けているニキビ肌の人がファンデーションを使用する際、特に注意しなければならない主なポイントについてまとめておきます。

ニキビ肌に適したファンデーションとは…

本来、頻繁に〝ニキビ〟ができるような人は、紫外線防止対策以外の化粧品は避け、肌にかける負担は少しでも減らすべきなのですが「言うは易し、行うは難し」です。

そこで、大人ニキビに悩んでいる方は、まず油分の多いファンデーションは避け、比較的肌にかける負担の少ないパウダータイプのファンデーションから始めてみるとよいでしょう。

また、使用する際はパフで叩きつけるのではなく(毛穴に侵入しやすくなるため)横に軽くすべらせるような感じでサッと塗りつけるのがコツです。

※ただし、どのようなタイプのファンデーションであっても、長時間、肌に付着している状態が続けば皮脂と混ざり合い、徐々に肌の上で過酸化脂質に変わっていくので、パウダーファンデーションであっても長時間の使用は禁物です。
ニキビがある場合…
医薬品ではなく、あくまで化粧品である以上、たとえ肌にどんなに負担が少ないとされる成分が配合されていたとしても、塗ることで症状が良くなるファンデーションはありません。

大人ニキビに悩まされ続けている人は、少しでもニキビを目立たなくさせようと、どうしても厚塗りしがちですが、ニキビに直接ファンデーションを塗ることは症状を悪化させるいがいの何ものでもありません。

そのため、大人ニキビが現れた時は、その部分への直接メイクは避け、ポイントメイクで済ませることが症状を悪化させない最低限の処置といえます。
ニキビ跡がある場合…
既にニキビ跡やシミができてしまっている人は、コンシーラーとファンデーションの併用でニキビ跡を目立たせなくするメイクテクニックも可能ですが、大半のコンシーラーは油分が多い(油分が少ないとうまく伸びないため)ので厚塗りは禁物です。

また、ニキビが発症した時は症状を悪化させないためにも、コンシーラーの使用はできるだけ避けるべきです。
乾燥肌の場合…
乾燥肌の人がパウダータイプのファンデーションを使用すると、肌が粉を吹いた状態になってしまうことも少なくありません。

これは皮膚の水分と油分が不足しているために起こる状態なので仕方のないことですが、どうしても肌の粉が気になるという人は、パウダータイプではなく、リキッドタイプのファンデーションに切り替え、しばらく様子を見てみるのもよいでしょう。

※ニキビ肌の人はノンオイルや揮発性オイル、あるいは水性のリキッドファンデーションが、比較的症状を悪化させないタイプのファンデといえます(ただし、個人差もありますが…)。
小じわが目立つ場合…
乾燥肌の人がパウダータイプのファンデーションを使用すると、目元周辺部の小じわが目立つようになるケースも少なくないようです。

この状態が長く続くと、後々、深いしわとなって現れてしまう原因にもなりかねないので、先に十分な保湿を行い、ファンデーションも極力少なめに塗るよう心がけることがポイントです。

ちなみに、目元周辺部は〝ニキビ〟が出来にくいという人は、乾燥肌向きである乳化状タイプのファンデーションで様子をみるのもよいでしょう。

人の肌は体調や気候の変化等で、日々状態が変わってきます。

特に日本人女性は混合肌が多いといわれ、顔の部位によって肌質が異なってくるケースも少なくありません。

近年はプロアクティブ⁺やオルビスの薬用クリアシリーズのようなトータルケアによる大人ニキビ対策が主流ですが、ニキビや肌荒れといったトラブルを起こしやすい人は、部位によって化粧品を使い分けることが大切です。




にきび豆知識: お肌の水分補給に欠かせない2つの要素とは?

一般的に化粧水は肌の水分補給として用いられます。

そのため、洗顔や入浴後の乾燥しがちな肌に利用する人が大半ですが、実は皮膚が吸収することのできる水分量には限度があり、必要以上につけても水分補給率がアップするわけではないのです。

また、お肌の水分補給に必要な要素は、化粧水による水分補給よりも、その後の保湿ケアの方が重要であるとする説もあります。

というのも、肌に含ませた化粧水は時間とともに蒸発(特にアルコール分の多い化粧水は乾燥が速い)してしまうからです。

そのため、化粧水を含ませた肌には必ず保湿料(保湿クリーム/乳液など)で乾燥肌を防ぐコーティングをする必要がありそうです。

健康な肌を維持するために大切なことは、肌が必要としている一定の水分量を継続的に維持するこであって、化粧水を肌にたっぷり含ませれば良い!というものでないということです。

ちなみに、化粧水には大きく分けると「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の2種類ありますが、どちらのタイプであっても、基本的に肌に作用する水分補給力に違いはないと考えられています。

したがって、しっとりタイプの化粧水を少量つけ肌が潤ったと感じても、実は肌が必要としている水分が不足していたということもあるので、使用上の注意をよく読み、用法容量を守りながら十分な保湿ケアを行うことが大切です。