にきび!解体新書
口周りのにきび
Top基礎知識症状(部位別)TopTop

◎ 口周りのにきび(吹き出物) 原因と発症メカニズム

個人差はありますが、一般的に顔にできるにきび(吹き出物)は、年齢とともに発症部位が変わり、下へ下へと移行する傾向があるようです。
思春期にきび ・Tゾーン(額から鼻筋にかけた部分)
・頬 …など
大人にきび ・口周り
・Uゾーン(あご周辺部)
・首筋 …など
TゾーンとUゾーン思春期に発症する〝にきび〟と、大人(20歳以降~)になってから発症する〝にきび〟とでは、その原因に違いがあると考えられていますが、その詳細な発症メカニズムについては、いまだ解明されていません。

しかし、思春期にきびは特に成長ホルモンの増加によるホルモンバランスの乱れや、過剰な皮脂分泌が大きく影響しているのではないかとする説が有力です。

そのため、年齢とともに成長ホルモンの分泌量が減少することが判明している現在、大人にきびの主な原因は他にあるのではないかと考えられています。
口周りのにきびは、なぜできる?
先に説明したとおり、顔にできる〝にきび〟は、年齢とともに下へ下へと移行する傾向が見られます。

そのため、20代以降になってからは、なぜか口周りにきびが出来やすくなったという人も多く、口周りのにきびは、典型的な「大人にきび」のひとつであるとも言われています。

通常、大人にきびの発症原因は特定できるものではなく、次のような原因が複雑に絡み合い、肌に悪影響を与えていると考えられており、短期的な改善はあまり望めないため、根気のいるケアが必要なようです。
口周りにきびの主な原因
生理

女性の場合、生理前になると口周りやあご周辺部に〝にきび〟が出来やすくなる傾向にあります。これは、男性ホルモンと似た働きをする〝黄体ホルモン〟の分泌量が排卵後~月経開始期のちょうど中間に当たる黄体期に増加することが影響しているからだと考えられます。

ストレス

ストレスによって分泌量が増えるホルモンに〝副腎皮質ホルモン〟と呼ばれるものがあります。このホルモンは男性ホルモンと同様の働きをするため、にきびの元になると言われています。

胃腸障害

顔(特に口周り、頬)にできる〝にきび〟や〝吹き出物〟に影響を及ぼす主な臓器として、肝臓や胃・腸が挙げられます。

ビタミンB郡の不足

ビタミンB郡(特にB2、B6)の欠乏は、にきびや吹き出物をできやすくさせます。

髭剃り

特に男性の場合に言えることですが、日々の髭剃りによって皮膚が傷つき、口周りに〝にきび〟や〝吹き出物〟ができやすくなることがあるようです。



◎ コレだけは押さえる!口周りのにきびケア&改善策

口周りにきび(吹き出物)は、大人になってから発症する例も少なくありません。

口周りにきび画像そのため、洗顔によるスキンケアだけでは、なかなか改善が望めないケースも多く、長期的かつ根気のいる治療を必要とします。

また、生理前に限って口周りににきびが出来るような人は、一時的なものである以上、時間とともに自然治癒するのを待つしかないこともあります。

したがって、口周りに発症した〝にきび〟については、いったいどんなタイプの湿疹であるかによって効果的な治療法が異なってきますが、日頃から行うべき基本的なにきび(吹き出物)ケアとしては、主に次のようなものが考えられます。
口周りにきび対策の基本
皮脂対策

基本的に吹き出物が出来やすい人は、皮脂分泌量が多く毛穴に皮脂が詰まりやすいようです。特に女性の場合はメイク落としが不十分だと皮脂とともに毛穴が詰まり炎症を起こしやすくなります。そのため、入念なクレンジングと洗顔(にきび専用洗顔フォームは10代向けのものが多く、大人にきび予防には向かない商品もあるため注意が必要)、そして十分な水分補給と保湿を心がけることが大切です。

メイク対策

オイリー肌の方が油分の多いファンデーションやクリームを使用すると、かえって毛穴を詰まりやすくさせてしまい、吹き出物を悪化させるリスクが高まります。そのため、オイリー肌の方はパウダータイプのファンデーションをサッと肌に滑らせるように薄く塗ったり(パフで叩くと毛穴に詰まる恐れがある)短時間で落とすなど、肌にかける負担を少しでも軽くする工夫が必要です。

食生活対策

糖分や油分を多く含んだ食べ物を摂取し過ぎると吹き出物ができやすくなります(糖分のとり過ぎは、不足するとにきびや肌荒れなどを引き起こすビタミンB郡を大量に消費させるため)。そのため、ケーキやチョコレート、揚げ物やジャンクフードなどの食品はなるべく控え、ビタミン類(ビタミンB2・B6・Cなど)や、食物繊維(←特に便秘がちな女性)を積極的に取るよう心がけましょう。



にきび豆知識: 副腎皮質ホルモンの分泌がニキビを悪化させる !?

男性ホルモン(アンドロゲン)は、皮脂腺から分泌される皮脂量を活発化させますが、この男性ホルモンに似た働きをするホルモンが女性にも存在します。

そのひとつが、ストレスや過労によって自律神経が不安定になると増加するとされている副腎皮質ホルモンです。

皮脂分泌が過剰になると毛穴が詰まりやすくなり、その結果、皮脂を好み酸素を嫌うアクネ菌増殖の格好の棲みかとなってしまうため、副腎皮質ホルモンはニキビを悪化させる一要因であると考えられています。

治りにくいニキビ改善法のひとつとして、副腎皮質ホルモン外用薬を使用するホルモン治療などもありますが、ホルモン薬には欠点もあるので、治療の際には、必ず医師(薬剤師)からそのリスクと効果についての説明を受け、納得した上で治療を受けることが大切です。