にきび!解体新書
にきびと洗顔1
Top基礎知識症状(部位別)TopTop

◎ コレだけは押える!にきび肌に効く洗顔とは?

顔のにきび予防に欠かせない、最も基本的なケアといえば洗顔です。

近年は、プロアクティブ⁺やオルビス薬用クリアシリーズのようなトータルケアによるスキンケアが注目を浴びていますが、自分の肌質に合わない洗顔料を使っていたり、誤った方法での洗顔が繰り返し行われていると、かえって〝にきび〟の症状が悪化してしまう恐れもあります。

洗顔の基本特に〝にきび〟が出来やすい人の肌は、外部から受ける様々な刺激に対し過剰に反応してしまう敏感肌である可能性も高いので、たかが洗顔と侮らず、自分の肌質に合った洗顔料と正しい洗顔方法で、日々のお手入れをすることが大切です。
自分の肌質を知ろう!
過剰な皮脂分泌が〝にきび〟発症の元凶であると広く認識されているせいか、顔ににきびが出来やすい人の大半は、自分の肌がオイリー肌であると思い込みがちですが、実は必ずしもそうとは限りません。

確かに〝にきび〟の出来やすい人の肌はベトつき脂っぽいことが多いのですが、過剰な洗顔によって、いつのまにかオイリードライ肌に陥っていた…ということも決して少なくないのです。

そこで、まずは自分の肌質を知り、あなた自身の肌質に合った洗顔料で洗顔することが、にきび予防・改善の基本となります。
ひと目で分かる!肌質表
肌質 肌の状態 主な症状・原因
普通肌
(ノーマル)
肌の水分・油分のバランスが取れた理想的な肌 -----
乾燥肌
(ドライ)
角質層の水分不足や皮脂の分泌量が減少することによって起こる肌 ・洗顔後に限らず、常に肌がつっぱる
・肌がかゆい
・小じわ(目じりや口元)が多い
・化粧水をつけないと肌が粉を吹く
・冷え性 …など
脂性肌
(オイリー)
皮脂腺から出る皮脂量の分泌が過剰になっている状態の肌 ・Tゾーンや頭皮が特に脂っぽい
・脂性食品を好んでよく食べる
・甘いものをよく食べる
・場所を問わずにきびがよくできる
・便秘性
・毛穴が目立つ …など
混合肌 乾燥肌と脂性肌が混在している肌(Tゾーンは脂っぽいが頬はカサカサ…など) ・肌がかゆい(敏感肌)
・よく発疹が起こる(敏感肌)

■原因
 ・過度のストレス
 ・生活環境の変化
 ・過剰な洗顔
 ・喫煙・過度な飲酒
 ・ホルモンバランスの崩れ …など
敏感肌 特に乾燥肌に多く、皮膚のバリア機能が低下しているため、外部からの刺激に対して必要以上に反応してしまう肌
※注:上記表で示した症状や原因に該当するからといって、直ちにあなたの肌質が特定されるわけではありません。


一般的に、日本人女性の肌は混合肌である可能性が高いといわれており、脂ギッシュな部分と乾燥した部分が入り混じっているケースが多いようですが、目視や指の感覚等で肌質を正確に見極めることは難しいようです。

そのため、自分の肌質を正確に知るには、本来、専用の測定器等で分析する必要がありますが、参考までに自宅で簡単にできる肌質のチェック方法をひとつ紹介しておきます。




◎ にきび肌に効果的な洗顔料を選ぶための簡易肌質チェック法

Tゾーン単純に鏡に映ったTゾーンのテカリ具合で、自分の肌質を判断することはできません。

つまり、Tゾーンは顔の中でも特に皮脂分泌量が多い部位なので、鼻や額部分がよくテカッているから私は脂性肌だ!とは単純に判断できないのです。

そこで、自宅できる簡単な肌質チェック方法として、主に次のような方法が挙げられます。

※この方法はあくまで自分の肌質を大まかに知るための簡易チェック法です。そのため、必ずしもあなた自身の肌質が正確にわかるわけではありません。
簡易肌質チェック方法
いつもどおりの洗顔を行う
※朝の洗顔がベスト!
矢印
洗顔後、何もつけない(乳液、化粧水等)状態で30分程度放っておく
矢印
あぶら取り紙を肌にあて、紙の状態をチェックする
ポイント:あぶら取り紙を肌に強く押し付けない!
矢印
あぶら取り紙の状態
A ほとんど皮脂は付着していない
B ポツポツ(または薄っすら)と斑点状の皮脂が付着している
C 全体にべっとりと皮脂が付着している

Tゾーン 肌のつっぱり感
普通肌 B B ない
乾燥肌 A A ある
脂性肌 C C ない
混合肌 C A ある
肌の状態は体調や湿度などの関係で、日々、微妙に変わってくるので、こまめにチェックし、にきび肌の方は特に自分の肌質に合ったスキンケア(洗顔)を心がけることが大切です。



にきび豆知識: 紫外線でニキビが悪化 !?

紫外線には殺菌作用や体内のリズム調整といった利点もありますが、肌の老化現象をはじめ、ニキビの悪化やシミ・シワといった様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

そのため、人体に与える影響に限ってみれば、メリットよりもデメリットの方が大きいようです。
紫外線とにきびの関係
紫外線を浴びると毛穴の中に詰まった皮脂や汚れが酸化するため、活性酸素や過酸化脂質が発生します。

これがニキビを悪化させる一要因となるのです。

また、紫外線は皮膚の角質層を厚くし肌のターンオーバーを遅らせるため、皮脂や老廃物が毛穴が詰まりやすくなるようです。

いずれにせよ、紫外線はニキビの天敵とも言える成分なので、ニキビの出来やすい人は特に紫外線対策を心がけなければなりません。

ちなみに、私は事務職だから大丈夫と油断している人もいますが、紫外線は室内にも侵入してくるので(50%程度は浴びると言われています)必ずUVカット対策が必要です。