にきび!解体新書
フォトフェイシャル・皮膚科
Top基礎知識症状(部位別)TopTop

◎ フォトフェイシャルのメリット・デメリット

フォトフェイシャルフォトフェイシャルとは〝〟によってシミやシワ、そばかす、にきびといった肌トラブルの改善を試みるスキンケア療法です。

治療したい患者の肌トラブルによって機械を使い分けなければならない単一波長のレーザー光とは異なり、フォトフェイシャルは、複数の幅を持った波長の光を照射することができるため、一度の照射で複数の肌トラブルに対し、同時に効果を発揮するといった特徴をもっています。

そのため、レーザー治療を超える最先端のスキンケア療法として、現在、美肌を望む女性を中心に少なからず注目を集めているようです。

そこで、美肌作りをサポートする最先端の治療法フォトフェイシャルについて、その主なメリット・デメリットについて軽くまとめておきます。

もちろん、治療効果には個人差がありますが、治療を考えている方は少し参考にしてみて下さい。
メリット
・治療したいターゲット(シミ、シワ、赤ら顔、にきび、そばかす等)のみに反応するため、肌へかけるダメージが少ない!

・治療時間が短く(顔全体で10~30分程)施術後、すぐに洗顔やメイクが可能!

・コラーゲンなどを生成する細胞を活発化させるため、きめ細かくハリのある自然な肌を作り上げる!

・一度の照射で複数の肌トラブル(シミ、シワ、くすみ、そばかす、にきび、赤ら顔など)を同時に改善することができる!

・レーザー治療よりも痛みが少ない!
デメリット
・治療を受けられない人(妊婦、糖尿病、光過敏症、日焼け、アトピー性皮膚炎など皮膚に何らかのトラブルがある場合)も…

・期間を開けながら複数回照射を繰り返すため、治療期間が長く、しばらくクリニックへ通わなければならない…

・費用(顔全体…1~5万円程 / 1回)がかかる…

・施術後、すべての人に同様の効果があるとは限らない…



◎ 皮膚科で行うフォトフェイシャル治療とは…

フォトフェイシャル治療は高度な医療技術と専門知識を必要とする医療行為です。

フォトフェイシャルアクネスそのため、医師の監督の下、適切な治療を行わなければ、予期せぬトラブルを招いたり、十分な効果が得られないまま、毎回、治療費だけがかさんでいく…といったことにもなりかねません。

したがって、フォトフェイシャル治療を受ける際には、必ず専門医師のいるクリニック(美容皮膚科、美容外科など)で受けることが大切です。

なお、美容治療においては実績や経験がものをいう世界でもあることから、専門医のいるクリニックであっても、すべてのクリニックが同じ技術・レベルにあるとは限らないので、必ず専門医からリスクを含めた説明を受け、あなた自身が納得した上で施術を受けるようにしましょう。
クリニックが所有するフォトフェイシャル
美容皮膚科等の医療機関で使用するフォトフェイシャル治療においては、IPL(Intense Pulsed Light)という特殊な光線を用い、紫外線を除いた光を肌に直接照射していきます。

この光は、黒や赤に反応する性質があることから、肌に沈着してしまったメラニン色素等に作用し、シミやシワ、くすみ、あるいはにきび、赤ら顔といった肌トラブルの改善に効果をもたらすと同時に、コラーゲンを作り出す細胞を活性化させるため、きめ細かくハリのある自然な肌を作り上げることができるとされています。

医療機関で受けるフォトフェイシャル治療は、わずか数十分(治療部位にもよりますが10~30分程度)という短時間で終了してしまうものですが、施術に至るまでの一般的な手順は次のとおりです。
治療の手順(流れ)
医師からリスクを含めたフォトフェイシャル治療のカウンセリングを受け、患者に治療が可能かどうかを判断する
矢印
洗顔によりメイクや皮脂を落とし、素肌の状態で施術台に横たわる
矢印
目に光が入らないよう特殊なゴーグルを付け、患部に専用ジェルを塗り光線を照射していく
矢印
施術完了後、入院することなく直ぐに帰宅可能
ケースにもよりますが、フォトフェイシャルは基本的に複数回の治療を前提とした治療法です。

そのため、個人差はありますが、効果が現れるまでには少なくとも3~5回程度の照射は必要になると理解しておいた方がよさそうです。

また、レーザー治療に比べ、痛みが少なく施術後の赤み(腫れ)も少ないと言われていますが、この点に関しても個人差があるので、痛みや赤み(腫れ)などを全く感じないというわけではありません。




フォトフェイシャル豆知識: なぜ〝光〟でシワやたるみが解消するの !?

フォトフェイシャルで用いる光は非常に幅広い範囲の波長をもったIPL( Intense Pulsed Light )光線なので、単一波長のレーザー光とは基本的に異なります。

このIPL光線は、肌にとって天敵ともいえる紫外線を完全にシャットアウトしているので、美肌作りに有効な光だけを与えることができます。

加齢(老化)によって低下したハリのもととなるコラーゲンを生成する細胞が、このフォトフェイシャルの光エネルギーによって活性化するため、肌本来がもっているみずみずい美しい肌を皮膚の内側から再生させることができると考えられており、現在、最先端のスキンケア療法のひとつとして注目されているようです。