にきび!解体新書
皮膚科のにきび治療
Top基礎知識症状(部位別)TopTop

◎ 皮膚科でにきび治療をするメリット・デメリット

かつて、にきびは「青春のシンボル!」と言われた時代もありますが、主に思春期のホルモンバランスによって発症する〝にきび〟は、年齢とともに知らず知らずのうちに自然と出来にくくなります。

ところが、昨今、食生活の乱れをはじめ、多忙による睡眠不足や過度のストレスといった様々な生活環境の変化によって、大人になってから発症する〝大人にきび〟と呼ばれる肌トラブルに悩まされる人も増え続けているようです。

そのため、最近は、大人にきびなどにも効果があるとされるスキンケア商品を愛用しながら、にきびケアを行っている社会人も少なくありません。

〝白にきび〟や〝黒にきび〟といった、比較的、症状の軽い状態であれば、自己ケアでも〝にきび跡〟が残らずに完治することはありますが、赤にきびや膿をもった〝黄にきび〟が頻繁に発症し、患部に改善が見られないような場合は、放置しておくとさらに悪化してしまう恐れがあるので注意が必要です。

特に女性にとって〝にきび〟は深刻な問題であり、「できることなら治してキレイな肌を取り戻したい!」と願っている方が大半でしょう。

そこで、もはや個人レベルのケアではどうすることもできない、あるいは〝にきび跡〟を残したくないといった場合には、肌トラブルのスペシャリストである皮膚科の専門医に相談することも大切ですが、ここで、ひとつ頭に入れておいて欲しいことがあります。

にきび治療に限りませんが、肌を美しくすることを目的とした施設として、医療機関(美容皮膚科、美容外科など)のほかに、エステティックサロン(通称、エステ)というものがあるのは皆さんもご存知でしょう。

医師免許しかし、エステにはクリニックにいるような医師や、医師の指示のもと、診療や治療補助を行う看護師といった公的なライセンス所持者はいません。

このライセンスの有無は、美容施術を行う上で大きな意味を持ってきます。

なぜなら、医療行為として行うピーリングやレーザー治療などに使用される機材の中には、医師免許を持たない者が扱ってはいけないものがあるからです。

したがって、エステでは医師法に触れる医療行為は禁止されているため、医療機関とは違って、使用できる治療薬や機材には制限があるということを押えておきましょう。
皮膚科で治療するメリット
・専門医による的確なアドバイス・治療が受けられる!

にきびだと思っていたら実はアテローマだった…など、皮膚科医のような専門医でしか分からないケースも少なくありません。また、専門医は個々の症状に合わせた最適な治療法を選択するため、絶対とは言いきれませんが早期改善が期待できることも…

・個人レベルでは行えない医療行為としての治療が受けられる!

市販の「ニキビ薬」やエステサロンによる治療では望めない、高度な医療技術を必要とする様々な治療行為(レーザー治療など)が受けられるため、個人レベルでは改善が見られない症状において効果を発揮することもあれば、場合によっては、にきび跡が残らないような早期治療も可能です。
皮膚科で治療するデメリット
・治療費がかかる!

美容外科等で行うレーザー治療などは基本的に自由診療なので保険対象外となります。そのため、症状や治療(施術)の種類により異なってはきますが、決して費用は安いとはいえません。

・必ずしもにきびが改善するとは限らない!

医師免許を持った専門医に見てもらえば必ず治る!と保障されているわけではありません。ただし、少なくとも間違った自己ケアによる肌トラブルは防げるでしょう。



◎ コレだけは押さえる!皮膚科で行うにきび治療の基礎知識

エステサロンなどとは違い、皮膚科等のクリニックでは医師法に基づく医療行為が行えるため、高度な医療技術を用いた治療法が選択できます。

※肌に関する専門知識を持った医師のいる医療機関とは、一般の皮膚科のほか、病気の治療が目的と言うよりも美容目的の強い美容皮膚科(外科手術はしない)や美容外科などがあります。

したがって、個々の症状や状態に合わせた治療法によって、にきびの改善を試みることが可能です。

そこで、参考までに、主に医療行為として行われている典型的なにきび治療の内容を3つほど紹介しておきます。
内服治療 主に抗生物質等による治療薬を服用しながら、にきび改善を目試みます。服用する抗生物質にはテトラサイクリン系・マクロライド系といったものであり、にきびの原因となっているアクネ菌に働きかけます。
外用薬治療 内服治療と同様、主に抗生物質による改善を試みる治療法です。イオウ・カンフルローションやダラシンTゲル、アクアチムローションといった薬剤を直接患部に塗布することでアクネ菌を殺菌し、炎症等を鎮めます。なお、最近はディフェリンゲルのような外用薬を処方するクリニックも増えているようです。
手術 内服治療や外用薬治療では改善が見られいないような場合、あるいはにきび跡の治療には、光(レーザー)治療や切除による手術が行われます。
赤みの治療 ソフトレーザー・半導体レーザー …など
凹凸の治療 クールタッチレーザー …など
色素沈着 ソフトレーザー …など
その他、手術とは異なりますが、エステサロンでは使用できない酸の強いケミカルピーリング治療など、症状によって最適な治療法を施します。



にきび豆知識:皮膚科専門医ってなに?

美容外科や美容皮膚科と銘打ったHPを少なからず目にしますが、シミやしわ、にきび治療といった肌を美しくするためのクリニックを〝美容外科(美容皮膚科)〟と呼び、アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルの治療・改善を目的としたクリニック(一般の皮膚科)と使い分けているようです。

これは、レーザー治療など新しい医療機器の登場や医学の進歩によって、老化した皮膚を若々しく保つための外用療法が普及したため、皮膚科の一分野として認識されるようになったという背景があります。

クリニックただし、美容外科や美容皮膚科の目的は病気の治療ではなく、あくまで「キレイになりたい!」と願う人の治療に用いられる医療行為とされ、健康保険は適用されません。

一方で、美容外科・美容皮膚科クリニックでは、一定の条件をクリアした者にしか認められていない皮膚科専門医である医師が在籍していることも多く、専門医から的確なアドバイスや治療・対処法が受けられるといったメリットがあります。