にきび!解体新書
にきび跡の治療法
Top基礎知識症状(部位別)TopTop

◎ にきび跡(クレーター)ができる仕組み

一度〝にきび〟ができてしまったら、必ずにきび跡が残ってしまうというものではありません。

クレーター画像発症しても初期段階で完治したり、正しいにきびケアを行うことで、跡が残らず綺麗に完治する人もいます。

つまり、発症した〝にきび〟の程度(進行状況)やケアの有無によって、にきび跡(クレーター)が残る人、残らない人に分かれるということです。

では、なぜ〝にきび跡〟が残るのか…ということになりますが、これは患部の炎症が悪化し、再生能力の高い角質層よりも下にある真皮層(表皮の下にある血管や神経が通っている部分)などの下部組織にまで炎症が達してしまったがために起こる症状であると考えられます。

したがって、にきび跡とは、一度できた患部に繰り返しにきびが発症したり、患部のケアを全く放置してしまうような人に残りやすい症状と言えるかもしれません。
にきび跡の主な発生原因
また、ひとくちに〝にきび跡〟といっても、炎症が治まった後に凹凸として残るクレーターのほか、ケロイド状のもの、あるいは炎症した部分にメラニン色素が集まり、茶色くシミ(色素沈着)となって残るものなど症状は様々です。

ただし、どれも真皮と呼ばれる部分にダメージを与えていることから、一度出来てしまった〝にきび跡〟は、自然回復することは難しいので、できるだけ早期ケア(近年はプロアクティブ+やオルビスの薬用クリアシリーズのような、トータルスキンケア製品の相乗効果によるにきびケアが主流のようです)を行い、今よりも症状を悪化させないことが大切です。




◎ にきび跡の治療・対処法

症状が治まった後に肌に残ってしまったにきび跡(いわゆる、クレーター)は、自己ケアでは、まず完治することはありません。

また〝にきび〟が発症する原因と患部の状態は個人差があるので、その症状によって受ける適切な治療法や対処法は異なってきます。

そのため、にきび跡を治療するのであれば、専門医(皮膚科)による適切な治療を受けることが、できるだけ跡を残さずキレイに治すためには欠かせない最善策と言えるでしょう。

参考までに、医療機関で行われているにきび跡の治療法をいくつか紹介しておきます。
にきび跡を治すための主な治療法
ピーリング治療
余分な角質や古い角質を取り除き、くすみや炎症によるにきびケアをすることで、にきび跡として残った赤みやメラニン生産を抑制し、シミなどの色素沈着を薄くしながら目立たなくさせていきます。
ケミカルピーリングってなに !?

そもそも「(peel)ピール」には皮を剥ぐといった意味がありますが、ケミカルピーリングとは、フルーツ酸などを使用して、古くなり老化した皮膚の角質を除去し新しい皮膚の再生を促すための美容治療法のひとつです。

ケミカルピーリングは、にきびやにきび跡をはじめ、シミや皺、くすみの解消などにも効果があると言われています。

ただし、ピーリングでは、損傷された皮膚の治療に化学物質を用い、肌の状態や、その浸透させる深さで薬剤の種類が異なってくるので、特に色素沈着などの副作用が大きい日本人が施術を行う際には、専門医からしっかりと納得のいくカウンセリングを受けた上で治療に臨むことが大切です。
レーザー治療
患者の症状にあわせて、適切なレーザーの種類を選択しますが、赤みや色素沈着など、ほぼすべての症状に対応すると考えられています。

ただし、高度な医療技術が必要なので、治療の際には担当医から、その危険性や効果について説明を受け、必ず納得してから治療に臨むことが大切です。
赤みの治療 ソフトレーザー、半導体レーザー …etc
凹凸の治療 クールタッチレーザー …etc
色素沈着 ソフトレーザー …etc

ヒアルロン酸注入
にきび跡となった凹部分に、ヒアルロン酸やコラーゲンを注入することによって目立たなくさせる方法が、このヒアルロン酸注入法です。

ただし、数ヶ月程度で自然吸収されてしまうため、定期的な注入が必要となります。




豆知識:にきび跡を少しでも目立たなくさせるには…

さすがに費用が馬鹿にならない専門クリニックでの治療までは考えていないけど、ニキビ跡は少しでも目立たなくさせたい・・・と思い悩んでいる人は多いはずです。

特に女性であれば、その思いは強いのではないでしょうか。

最近は、毛穴の開きやニキビ跡、肌の凹凸を極力目立たなくさせながら、アクネケアを試みている商品も増えているので、肌に負担をかけるという意味では、あまりおススメできませんが、にきび跡が嫌で人目が気になるという方は、一度、この手の商品を試してみるのもよいかもしれません。