にきび!解体新書
あごにきび
Top基礎知識症状(部位別)TopTop

◎ あごにきびとは…

あご周辺部は、比較的、皮脂の分泌量が多いため〝にきび〟が出来やすい部位にあたりますが、どちらかというと〝あごにきび〟は、思春期を過ぎた20~30代の社会人にできやすい〝大人にきび〟であるとも言われています。

これは、あごが男性にとってヒゲの生える場所であり、男性ホルモンが活発に働くことから、皮脂分泌量が他の部位に比べると多く、毛穴が詰まりやすくなるからです。

アクネ菌イメージそのため〝あごにきび〟ができやすい女性の原因のひとつとしては、ホルモンバランスの乱れが大きく影響していると考えられます。

つまり、個人差はありますが、女性ホルモンよりも男性ホルモンが活発化してしまうと、あご周辺部の皮脂量が増えるため、毛穴が詰まりやすくなり、その結果〝あごにきび〟として現れてしまうというものです。

※アクネ菌:毛穴の中で分解して脂肪酸を作る〝にきび〟の素になる細菌のこと。このアクネ菌は、皮脂を好み栄養源にしていますが、紫外線や酸素などで酸化すると、比較的初期段階の黒ずんだ〝黒にきび〟となって肌に現れます。誰にでもアクネ菌は存在するため、肌の弱い方は日頃からこまめに洗顔をするなどして、にきび予防に努めましょう。

また、冒頭でも触れましたが〝あごにきび〟は大人にきびの典型的な症状であるとも言われるように、ホルモンバランスのほか、仕事や日常生活のストレスからくるものも深く影響しているのではないかとする説が有力です。




◎ あごにきびの特徴

あごにきびは、鼻や額、あるいは頬に出来る〝にきび〟よりも治りにくいケースが多く、通常のにきびに加え、酒さ性痊瘡(シュサセイザソウ)によるものである場合は、一般的に行われている通常のにきび治療(ケミカルピーリングなど)では治らないため注意が必要です。

酒さ性痊瘡の画像ちなみに、思春期後の女性に発症するにきびには、この酒さ性痊瘡であるケースも多いと言われています。

※酒さ性痊瘡【参考:左画像】:主に30代以降の中高年に見られる疾患のひとつで、紫外線やアルコール、香辛料や毛包虫などが関係しているのではないかと考えられていますが、その発症原因についてはよく解っていません。酒さは、その症状により段階(軽症 ~ 中等症 ~ 重症)がありますが、症状によってはにきび状の発疹ができるため、見逃されることもあるようです。



◎ あごにきびが出来てしまったら…

男性ホルモンが深く関わっているのではないかと考えられているあご周辺部は、Tゾーン(額から鼻先にかけた部分)と同様、皮脂の分泌量が多く、比較的、治りにくい傾向にあります。

TゾーンとUゾーンまた、大人になってからできやすい〝あごにきび〟は、日常生活のストレスからくるもの、あるいは、女性の場合、生理によるホルモンバランスの乱れが影響しているケースも多く、日常のスキンケアとともに、できるだけストレスを溜めこまないよう精神面に配慮したり、規則正しい生活が送れるような試みが必要であり〝にきび〟の出来にくい体質改善に努めることが大切です。

ちなみに、〝あごにきび〟の予防・治療法としては、主に次のような対策が考えられます。
洗顔
〝あごにきび〟に限らず、洗顔はにきび予防・治療の基本です。

毛穴とその周辺部の皮膚を常に清潔に保ち、汚れや古い皮脂などを溜めないように心がける必要があるので、こまめな洗顔(肌が弱い方は純石鹸主成分の洗顔剤がよい)により、毛穴に詰まった皮脂などの汚れを溶かして取り除くことが大切です。

過剰な洗顔※ただし、洗顔剤を使った過剰洗顔はかえって逆効果!肌本来が備えている油分を取りすぎてしまうため、取り去られた油分を補おうと、さらに皮脂が活発に分泌され〝にきび〟の素になってしまう恐れがあります。

なお、あご周辺部の洗顔は洗い残しの多い部位とも言えるので、洗顔剤はしっかりと洗い流し、清潔なタオルでやさしく拭き取るよう心掛けてください。
ストレスコントロール&ホルモンバランスの調整
非常に難しい対策ではありますが、過度のストレスはホルモンバランスを乱します。

女性の場合、ストレスを感じると、男性ホルモンが女性ホルモンを攻撃するため、女性ホルモンの働きを鈍らせてしまうようです。

その結果、肌がカサカサしたり、皮脂腺が活発になり〝あごにきび〟ができる要因に一躍買っているとも考えられているので、出来るだけストレスをコントロールする必要があります。

そこで、日頃から適度な運動を心がけるなどしてストレス発散に努めましょう。

また、ホルモンバランスを改善するには、適度な運動のほか、食習慣の見直しや、しっかりと睡眠を取るなど規則正しい生活を送ることがとても大切になってきます。
皮膚科で受ける専門治療
〝あごにきび〟は、他の顔に出来る〝にきび〟に比べると治りにくいので、肌の弱い方、あるいは症状が悪化しやすい方は、自己治療よりも皮膚科による専門治療を受けた方がよいケース(治りが早い)も少なくありません。

ケミカルピーリング治療をはじめ、レーザーフェイシャル治療、イオン導入治療、IPL治療、圧出治療…など、これらの治療は、皮脂分泌を抑制し、正常な肌に戻すために役立つ治療法だと考えられています。