にきび!解体新書
赤にきび
Top基礎知識症状(部位別)TopTop

◎ 赤にきびとは…

赤にきび画像思春期を迎えると、程度の差こそあれ大抵の人に発症する〝にきび〟は、その症状によって、いくつかのタイプに分けることができます。

中でも赤にきびは、比較的症状の重い段階のにきびであり、見た目も目立ちます。
症状レベル 白にきび(にきびの初期段階)
黒にきび(毛穴の先端が開き、空気に触れて酸化した皮脂などが黒ずんだもの)
赤にきび(皮脂の詰まった皮膚腺や毛包が炎症を起こし腫れあがったもの)
黄にきび(赤にきびがさらに悪化して化膿したもの。膿にきびとも呼ばれる)

赤にきびができる仕組みを知ろう!
にきびの症状が悪化していく原因はいくつか考えられますが、赤にきびは、特に〝アクネ菌〟と呼ばれる常在菌の存在が大きくかかわっていると言われています。

アクネ菌は、もともと人の肌に住み着く一種の善玉菌(←簡単に説明すると、肌のバランスをコントロールし、正常に保つために必要とされる菌のこと)であり、誰の肌にも存在するため、菌がいること自体に問題はありませんが、過剰繁殖すると話が変わってきます。

アクネ菌そもそも、にきびは毛穴の入口周辺の角質が厚くなってしまった結果、本来、体外に排出されるべき皮脂が毛穴に詰まり滞留してしまうことからはじまりますが、アクネ菌には皮脂を好み酸素を嫌うといった性質をもっているため、毛穴に詰まった皮脂を栄養源にしながら、その数を増やしていきます。

すると、アクネ菌だけが過剰増殖してしまうため、これまで他の善玉菌とバランスをとっていたものが崩れてしまい、様々な肌トラブルを引き起こすリスクが高まるわけですが、アクネ菌の増殖がにきび症状を悪化させてしまう理由のひとつとして〝細菌性リパーゼ〟というものが注目されています。

アクネ菌は細菌性リパーゼと呼ばれる酵素を生産しますが、このリパーゼは皮脂を分解して遊離脂肪酸を作り出すため、この遊離脂肪酸が炎症を引き起こすキッカケになっているのではないかと考えられているからです。

いずれにせよ、赤にきびとは、毛穴も含め患部の周辺組織が炎症を起こしている状態のにきびなので、まだ炎症を起こしていない白にきびなどに比べると、症状の重いにきびであることは間違いありません。
赤にきびの特徴
赤にきびの特徴としては、文字どおり見た目にも赤くぷっくりと腫れあがり、炎症を起こしていることから触ると痛みを伴います。

また、症状が悪化すると、患部は膿を持つようになるため、腫れや痛みが増し、場合によっては真皮層まで破壊してしまうこともあるようです。

いったん、炎症(化膿)が起こると〝にきび痕〟として後々まで痕が残ったり、シミなどの色素沈着を引き起こすこともあるので、白にきびとは違い、赤にきびを何の対処もせずに放置しておくことは、あまり好ましくありません。



◎ 赤にきびが出来てしまったら…

女性にとって、顔に出来た赤にきびは、とても気になるところだと思いますが、指で触ったり髪で隠したりする行為はあまりオススメできません。

自分では入念に洗っているつもりでも、手や髪は以外と雑菌が多く、患部に触れることで症状を悪化させてしまうリスクが高まります。

場合によっては〝にきび痕〟や〝シミ〟を作ってしまう恐れがあるので、このような行為はなるべく避けるようにしたいものです。

さて、前項でも触れましたが、後々のこと(つまり、にきび跡)を考えると赤にきびをそのまま放置しておくことは、あまり好ましくありません。

というのも、前項でも説明したとおり、赤にきびは、どちらかというと症状の重い肌トラブルなので、少しでも早く適切な処置をしておかないと、さらに症状の悪化した黄にきびに進行してしまったり、にきび跡として後々まで残ってしまう恐れが高いためです。

そのため、まずは患部の炎症を抑えてやり、極力、症状を悪化させないケアをすることが何よりも大切になってきます。

過剰洗顔通常、洗顔と市販のにきび治療薬を併用するのが初期段階の対応策ですが、すでに症状が悪化してしまっている赤にきびに関しては、専門クリニック(皮膚科など)で治療を行った方がよいケースもあります。

※洗顔フォームを頻繁に使った過剰な洗顔は、肌本来が備えている油分を取りすぎてしまい、それを補おうと、さらに皮脂が多量に分泌されることも…。そのため、場合によっては湯洗いで済ます工夫も一法!

にきびは、よく過剰な皮脂分泌が原因であるとも言われていますが、男性ホルモンの増加を原因としたケースも少なくないようです。

最近はプロアクティブ⁺やオルビスのようなトータルケアを目的としたトライアルセットが注目されているようなので、大人ニキビがすぐできてしまう・・・という方は、この手のスキンケア商品を一度、検討してみるのもよいかもしれません。




豆知識:しつこいニキビには『プロアクティブ+』のようなトータルケアが有効 !?

主に中高生時代に経験する〝思春期ニキビ〟は、ホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂分泌が主な原因と考えられていますが、社会人になってから発症する、いわゆる大人ニキビは、それ以外に原因があることも多いようです。

そのため、大人にきびに悩んでいる方は、単に市販の洗顔剤を使ってこまめに皮脂汚れを落としているだけでは、なかなか思うように治らず、症状が長期化してしまうこともあるようです。

プロアクティブ+が他の市販製ニキビケア商品と大きく異なる点は、ニキビに効果があるとされる軟膏やクリームを単に直接患部に塗布して改善を待つような単品の治療薬ではなく、独自のクリアスキンセットを併用しながら、その相乗効果でニキビの出来にくいを肌を徐々に作り上げていく点にあります。

プロアクティブ+は、必ずしも敏感肌向けに作られた商品ではないため、はじめて使用した方の中には、刺激が強すぎると感じてしまう方もいるようですが、いままでにないアプローチでニキビ予防を行っていくため、根気良く使い続けている人の中には、ニキビが出来にくくなったという人もおり、その点が愛用者を増やし続けている理由のひとつなのかもしれません。

また、プロアクティブは+、一定の条件(容器を捨てていないなど)はあるものの「60日間返金保証制度」を設けていることから、その点からも自社製品の効果に自信をもっていることが伺えます。